東京ベイアプレイザル株式会社|東京ベイアプレイザルは豊洲・晴海エリアを拠点とする全国対応可能な不動産鑑定・コンサルティング事務所です。

M&A事例等

M&Aについて

M&Aグラフ

 

近年、日本国内におけるM&Aの案件数数は増加傾向にあります。

M&A件数の増加に伴い、当社へ被買収企業が所有する不動産の時価査定のご依頼や、買収後の会計目的の不動産鑑定評価のご依頼も年々増加してきております。

 

一般的に、買収価格は事業収支に基づく収益性をDCF法を中心として試算しますが、併せて不動産等の時価を前提とする時価純資産法を適用することで、より買収価格の精度を高めるケースが増えております。更に買収後の事業効率化の参考資料としてご依頼を受けるケースもございます。

 

M&Aの交渉段階においては、当事者はもちろん、会計士、弁護士、M&A仲介会社との間で膨大な量の資料が共有され、相互に適切なコミュニケーションを図ることが、円滑にM&Aを進めるために必要となります。

 

当社所属鑑定士は多くのM&A案件の経験により、適切な不動産時価のご提示のみならず、円滑なM&Aの推進に寄与できるものと考えております。

 

M&A事例

coming soon …